ジェニ(BLACKPINK)は父親いないってホント?出演ドラマのダンスが過激すぎ!ライブで倒れた!?

K-pop
出典元:VOGUE JAPAN

今回は、ジェニ(BLACKPINK)の父親出演していたドラマ「THE IDOL」について紹介します。

18禁にも指定されており、過激なシーンが話題のこのドラマで、ジェニは女優デビューを飾りました。

また、2022年10月から開催されていたワールドツアーで、公演中に途中退場をしたジェニ。

ライブで倒れてしまった理由についても調査してきました!




ジェニ(BLACKPINK)に父親いないの?

BLACKPINKジェニで検索すると「父親」「父親いない」とでてきます。ジェニって父親がいないのでしょうか?

確かにSNSに母親と一緒の写真はありますが、父親の写真はありませんねぇ。

またジェニの口から父親の話を聞くことは全くありません。

それでジェニには父親はいないのではないかと言われているのです。

でも10才から15歳までニュージーランドに留学したり、そのあとにアメリカに留学を薦められたりと

お金持ちでないとできないと思いませんか。

2018年にジェニとジスがVLIVEでお互いについてのクイズに答えていた時に、ジェニの家族構成についての質問にジスが「お母さん、お父さん、ジェニ、(ペットの)クマ、カイ」と答えました。

それに対してジェニが「正解!」と言っていたので、父親がいることは間違いないようです。

では、なぜ母親と違って父親は全く出てこないのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

J(@jennierubyjane)がシェアした投稿

My bestfriend. I love you mummy ❤️

ジェニはママから毎日元気をもらってるようです。

一般的に、娘と母親は仲がいい場合が多いですよね。どうしても父親との距離の方が遠くなるのはわかります。

それにしても話の端々にも出てこないというのは、意識的に話題にならないようにしていると思われます。

留学のこと、全く姿を見せないこと、話題に上らないようにしていることから、ジェニの父親はかなり人脈が広い大物とか、経済的に大成功している経営者なのではと推測してしまいます。

普通のお金持ちなら、父親が大企業の役員とか公表してもいいはずです。

ということは、半端なお金持ち、成功者ではないということです。母親も品がある方のように見えますし、ジェニは超お嬢様な可能性が大きいですね!



ジェニ(BLACKPINK)がドラマ「THE IDOL」のダンスが過激すぎると話題に

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Idol(@theidol)がシェアした投稿

BLACKPINKのジェニが女優デビューを果たしたドラマ「THE IDOL」

このドラマは、アメリカのケーブルテレビ局HBOが制作を手掛けており、歌手のThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)と、ドラマ『ユーフォリア』のサム・レビンソンが共同プロデューサーとして参加している話題作です。

ある新人女性ポップシンガーが、謎めいたカルト教団のリーダーという裏の顔を持つLAのクラブ・オーナーとのロマンスや音楽産業の裏側を描いた内容となっており、ジョニー・デップの娘でもある女優リリー=ローズ・デップが主演ジョスリン役を務めています。

そしてプロデューサーのThe Weekndは教団のリーダー役としても出演しています。

予告トレイラーで公開された過激なシーンが話題となったこの作品。

ジェニは、ジョスリンのバックダンサー、ダイアン役。

ドラマ劇中では毎回の出演時間が5~10分程度でセリフも多くはありませんでした。

しかし、ダンスシーンでは存在感抜群で、第一話から男性ダンサーたちと身体を密着させてダンスするシーンが話題になりました。

また、BLACKPINKのパフォーマンス時よりもさらに露出の高い衣装を着用していたり、劇中のジェニが過激すぎるとファンからは不安の声も上がっていたほど!

そんな「THE IDOL」ですが、当初の予定より早く第5話目でドラマが最終回を迎えました。

ドラマの評判が悪かったのでは、続編があるのでは、という声も上がっていたようですが、HBOは打ち切りや続編があることを否定しています。

「THE IDOL」は5話で最終話となっていますが、BLACKPINKファンにとっては、ジェニの記念すべき女優デビュー作になったことは間違いありませんね。



ジェニ(BLACKPINK)がライブで倒れた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

J(@jennierubyjane)がシェアした投稿

2022年10月にソウルを皮切りに、世界40か国以上で66公演を開催するBLACKPINKの「BORN PINK World Tour」

日本公演は813万通もの応募があり、彼女たちのワールドワイドな人気が証明されていますね。

2023年6月に開催されたオーストラリア・メルボルンでの公演では、ライブ中にジェニが体調不良で公演を途中退場したことが伝えられました。

それ以前にも、公演中にジェニが振付を間違えたり、ダンスを流すように踊ることが一部のファンから問題視されたというニュースも。

しかし、実はBLACKPINKのメンバーたちは、ワールドツアーの傍ら、音楽フェスのヘッドライナーを務めたり、個人活動を行ったり、かなりのハードスケジュールの中で世界中を回っているのです。

ジェニが途中退場したメルボルン公演では、ジェニ自身はコンサートに出たいという意思を伝えていたようですが、医師による判断で十分な休息が必要とのことで、コンサートを途中退場することになったようです。

ファンからは、彼女たちの殺人的なスケジュールに対する不安の声が多く上がっています。

また、ジェニ本人もコンサートで「自分が日本語が下手なのはスケジュールが忙しいから(勉強する時間がない)」と明かしているそうで、あまりにも多忙なスケジュールのせいでライブ中に体調不良を訴えたのではないかと言われているようです。

5月「第76回カンヌ国際映画祭」に、米HBOドラマ「The Idol(ジ・アイドル)」のキャストとして出席したジェニはこの時のスケジュールを終えた時にこのように言っています。

「本当に、4日間のうち2日はコンサートして、そのあと今まで、どうやって生きてるのかよくわからない(笑)」と吐露。

「シンガポールからフランスに飛んで、フランスからマカオに行って、マカオからニースに来たのよね」と4か国を移動した5日間のスケジュールを振り返りながら

「やっと終わったから…」と楽しげに体を揺らす様子も見せていた。

4日間で2日コンサート。5日間で4か国移動してます!あまりにハードですっ!!

これでは心身ともに消耗してしまいますよね。

ワールドツアーは2023年9月17日にソウル公演でファイナルを迎えますが、ファンとしてはBLACKPINKのメンバーたちの体調を何よりも優先してほしいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

J(@jennierubyjane)がシェアした投稿

ジェニがファイナル公演に向けてSNSにコメントしています。

「韓国コンサート! 最後だ、行こうぜ、高尺ドームで会いましょう。1年間のツアーの最後」

元気でハッピーなジェニで、ワールドツアーを終えてほしいです。



まとめ

本名の”ジェニ”はお母さんの大好きだったドラマ「砂時計」の主人公の名前からとったそうです。

「砂時計」は「イカゲーム」で大ブレイクしたイジョンジェさんが主演したドラマです。

イジョンジェさんの役が”ジェヒ”で男の子ならこの”ジェヒ”にするつもりだったそうですが、女の子だったので似た音の”ジェニ”にしたとのこと。

のちにイジョンジェさんに会ったとき、しっかりこの話をしたジェニさんなのでした。

メンバーで一番料理が上手なのはジェニさんなんですよ。意外でした!そんなギャップがガールズクラッシュとなっているのかもしれませんね。

ジェニさんに父親がいない?ライブで倒れた?についてまとめました。

今やK-POPの枠を超え、ワールドワイドなアーティストとして世界から注目を集めているBLACKPINK。

特にジェニは自由奔放な発言や熱愛などで、世間を賑わすことも多く、話題のメンバーですが、彼女たちが魅せるパフォーマンスや、プライベートでのチャーミングな姿はファンとしては要チェックですね!

今後もBLACKPINKの活躍をぜひチェックしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

BLACKPINK 活動終了!?再契約は?メンバーカラーある?スタバとコラボ!
ワールドツアーを行うなど、韓国ガールズグループの中でも超多忙、最もグローバルなグループとなった「BLACKPINK(ブラックピンク)」。日本のK-POPブーム創世期を作ったBIGBANGの事務所YGエンターテインメントから2NE1以来7年ぶ...



コメント

タイトルとURLをコピーしました