RMはアートが大好き!アート界に大貢献!きっかけは?美術館巡り・コレクション素敵すぎ!

K-pop
出典元:BIGHIT MUSIC

世界で最も有名なボーイズグループといえば、多くの人が”BTS”と答えると思います。

そのBTSのリーダーでありインフルエンサー、自分という存在を確立させているRMことキムナムジュンはアートが大好き。

アートを楽しむだけでなく、アートの保護活動に多くの寄付もしてるんですよ。さすがRMです!

ということで今回は、ステージとは違うRMのもう一つの顔をお届けしたいと思います♪

記事を読むとRMがどれほどアートに夢中か、どれほどアートの世界に影響を与えているかわかるのでは。

最後までお読みくださいね♪




RMはアート、アーティストが大好きで大貢献!

アーティストに大注目!

2022年3月、韓国の天才彫刻家と名高いクォン・ジンギュさん(1922〜1973)の個展がソウル市立美術館で開かれたそうです。

その際、RMが所蔵するテラコッタ製の馬の彫刻を貸し出したのです。

通常企画展には、開催する美術館の所蔵する作品のほか、個人コレクターや他から借りた作品を展示するのですが、それらにあまり注目はいかないようです。

しかし、RMが貸し出したということがメディアで流れ、韓国外ではあまり知られてこなかったクォン・ジンギュさんというアーテイストにおおきな関心が集まったのでした。

そして世界の関心は個人だけにとどまらず、韓国のアート全体に注がれることになったのです。

RMが影響を与えるのは韓国のアーティストだけではありません。

フランス人のイラストレーターもナムさんとの写真をInstagramに載せたところ12万もの「いいね」がついたそう!

恐るべしっ!RM効果!!

寄付もすごいっ!

RMはアートの保護活動のために、多大な貢献をしています。

2021年9月に、韓国文化財庁の組織である国外所在文化財財団に1億ウォンを寄付しています。

この寄付金は、目的はこちら。

アメリカ西部最大の美術館として知られる ロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)が所蔵する、朝鮮王朝時代(1392〜1910年)の王室婚礼衣装の保存修復に当てられた。

rkive//Instagram

これが私たちは時代劇でよく見ている王妃の結婚式での衣装なのですね。

何百年もの間、衣装を保存し続けるのはとても大変でお金もかかります。失ったら二度と手に入らない貴重なものへの貢献を惜しまないところからもRMのアートへの深い愛情を感じます。

他にも自分の誕生日にも韓国国立美術館に役900万円を寄付したり、貴重な本の保存のためなど、たびたびアート保護のために寄付をしています。

ロサンゼルス カウンティ美術館(LACMA)でガイド!?

rkive//Instagram

2022年9月から2023年2月「ロサンゼルス カウンティ美術館(LACMA)」で韓国の現代美術の展示がありました。

その時、RMがオーディオガイドを務めたのです!

韓国近代美術を取り上げた大規模な展覧会は欧米では初めてのことだったそうで、RMも現地を訪れています。

自分がこのような記念すべき催しに参加できてそれは嬉しかったでしょうね。

考えてみると、アメリカで韓国の現代美術に目が向けられたのも、BTSの活躍があったからかもしれません。




RMがアートと出会ったのは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

RMがアートに興味を持ったのは、

2018年アメリカでツアーに中西部をツアーの時、シカゴ美術館へ行きフランスの画家モネやスーネに魅了されたことがきっかけだそうです。

一人でやることがなくて「時間もあるし美術館でも行ってみようか」と気軽な気持ちで行ったことが始まりでしたそう。

どんなことがその後の自分を大きく変えるきっかけになるか、本当にわかりませんね。

教科書に載っていた絵を実際に見て、その身体性と絵の具の質感に圧倒されました。生まれて初めての経験でしたね。

GQ Japanインタビューより

もともとフィギュアも集めていたそうで、そういった興味がファインアートにつながったのかもとも話しています。

自分が興味を持った者にはとことんハマる。深く深く追及する性格のRMです。

興味のあるアートのある所にどんどん足を運んできました。

ニューヨークのメトロポリタン美術館やロサンゼルスのゲティセンター美術館など世界中の有名な美術館だけでなく、テキサス州の砂漠にあるシナティ財団など私設スペースにもを訪れているところがRMらしい~。

たくさんの作品を観たり美術史や作家の人生を知ることは、忘れていた知的欲求が満たされることに通じたそうです。

なんともRMらしい哲学的な視点です。



RMがアートで癒された美術館

①「北ソウル美術館(SeMa)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

2023年8月に「北ソウル美術館(SeMa)」を訪れています。面白い作品ですね。

平面に飾られているのではなく、立体的になっています。だれかぶつかったりしたらどうするの!?

そんな無粋な人は行かないですね(苦笑)

②小田原文化財団 江之浦測候所

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

相模湾を一望できる高台に建っているアート施設。四角く切り取られた奥に見える青い海と空がとってもきれい。

開放感を感じますねぇ。

蜜柑畑だった小田原市江之浦の地に現代美術作家・杉本博司が設計した『小田原文化財団 江之浦測候所』。ギャラリー、屋外舞台、茶室、庭園などで構成されている。

訪れるには事前に予約が必要です。




③ディア・ビーコン

rkive//Instagram

ニューヨークにある現代美術ギャラリー。元工場だったところに様々な作品が展示されています。

2021年12月に初めて訪れたときRMはここをとっても気に入って「また来なければならない」と感じたそう。

初の公式ソロアルバム『Indigo』のリリースの時、「ディア・ビーコン」でのライブパフォーマンスを披露しましたね。

④ビルバオ・グッゲンハイム美術館

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

スペイン北部にある美術館。なんとも凄い外観です!要塞のよう。

RMは2023年3月頃、スペイン旅行を満喫しその際この美術館を訪れました。

よく見ると写真にも写ってますね。

巨大なクモのオブジェ“ママン”は、日本の六本木ヒルズにも展示されているものと同じ、ルイーズ・ブルジョワによる彫刻作品。

だそうです!



RMのコレクションがすごすぎっ!

RMのアートコレクションは、近現代の韓国人アーティストの作品から始まったそう。

なぜなら

「韓国人のミュージシャンはたくさん知っているのに、韓国人の画家はひとりも知らない」

RMらしいですね。知的好奇心がムクムクと動き出したのではないでしょうか。

それからインスピレーションを感じるアーティストに出会うために、韓国内の美術館やギャラリーを巡ったのでした。

コレクション第一号は、韓国の画家李大源(イ・テウォン)の山の絵でした。

この絵を購入した理由を

「オークションで作品を見て、ただ気に入ったから」と語る。

この絵を壁に飾ったときにRMはスピリチュアルな感覚を体験し、ますますコレクションに力を入れるようになったようです。

購入を決めた時点ですでにスピリチュアルな感覚だったのでは?

どんな感覚?RMのことですから、とっても高い意識の体験だったのかも。凡人にはわかりませんね。

最初の頃は韓国のアーティスト作品や印象派の絵画のコレクションだったようですが、2022年6月にBTSの活動が休止してからは、コレクションは多岐にわたるように。

rkive//Instagram

2023年10月17日にInstagramに投稿されたのはソウルの「サムスン美術館リウム」での写真。

RMは、この青いオブジェと同じシリーズのものを自宅に所有しているのです。

このオブジェはアメリカ現代美術を代表するアーティスト・ロニ・ホーンのガラス彫刻。

RMは2021年12月にブリュッセルにあるギャラリーから120万ドル(約1億8000万円)で購入しています。

さすがっ!!世界のBTSですね!もう金銭感覚がわからなくなってきました(笑)



RMのプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

RM(@rkive)がシェアした投稿

本名:キム・ナムジュン(김남준/Kim Nam-joon)
生年月日:1994年9月12日
血液型:A型
身長:181cm
体重:64〜70kg
足のサイズ:27.5cm

メンバーの中で一番最初に事務所に入ったのがRM。

17歳の時にオーディションに合格し、2010年から3年間練習生をしてきました。

幼い時から賢かったようですね。中学生でTOEICで850点取ってたんですよっ!!

しかも独学で!!

BTSとして海外で発言するときは、RMが代表として英語でスピーチしていますよね。

あの英語が留学とかでなく、独学で身についたものって信じられます!?

高校1年生の時に練習生をしながら、全国模試でトップ1.3%に入ったとか…

IQは高校2年生で148!もはや天才!賢いのは納得。

なのに…

忘れ物は多い、物はよく失くす。メンバーからは”破壊神”と呼ばれ

「世界平和のために運転と料理だけはしないで」

と言われているのは有名な話ですよね(笑)




まとめ

音楽での才能も素晴らしいものがありますが、その才能はアートでも活かされているようです。

一つ一つの行動の意味があり、考えの本当に深い人ですね、RMは。

自らのことを”アートと一緒に生きている人”と評するBTSのRM。

音楽を仕事とすると楽しいだけでは聴いていられません。

そんな時、ビジュアルアートを見ると落ち着くそうです。

音楽をやっている人より画家や写真家の呼吸はゆっくりだと感じるといい、アートに接しているその穏やかな空間や時間は、慌ただしく過ぎていく日常から解放され癒されていたのかもしれませんね。

現在は兵役につき、韓国男性の義務を全うしているRM。

今いる場所でしっかり先を見据えて過ごしているのではないでしょうか。

退役までまだしばらくありますが、たくさんの作品がありますから楽しんでまた会える日を待ちたいですね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

BTSシュガ(SUGA) 爺の知恵袋は名言ぞろい!怪我が兵役に影響!現在は?
いまや世界中から唯一無二のボーイズグループとして前人未到の記録を次々と作り、神がかった存在となっているBTS。BTSの楽曲のほとんどを作曲しているのが、メンバーのシュガ(SUGA)。「おじいちゃん」というあだなでARMYには広く定着していま...


★オマケつき【再販分】「BEYOND THE STORY ビヨンド・ザ・ストーリー:10-YEAR RECORD OF BTS」



コメント

タイトルとURLをコピーしました