チョンジソ かわいい!演技も歌も上手!フィギュアスケートで優勝経験?出演作品紹介!

韓国ドラマ
https://m.post.naver.com/

Netflixで配信中のドラマ「ザ・グローリー~輝かしき復讐~」で主人公ムンドンウンの高校生役のを演じたチョンジソさん。

壮絶ないじめを受けていた弱々しい表情から、復讐に人生を賭けようと覚悟してからの目力や動きの変化は見事なものでした。

そんなチョンジソさんのかわいさ、特技についてまとめました。




チョンジソのプロフィール

画像提供:wowkorea

名前:チョンジソ(정지소)
■本名:ヒョンスンミン(현승민)
■生年月日:1999年9月17日
■身長:162cm
■体重:44kg
■年齢:23歳(満年齢)
■血液型:AB型
■出身地:京畿道 城南市
■家族構成:両親、姉、弟
■学歴:同徳女子大学校 中退

23才なんですね。「ザ・グローリー」を観ていて、10代かと思ってたので23才と知って驚きました。

その反面「カーテンコール」に出演していた女優さんだと知り、20代半ばから後半かと思ってたので若くてまたびっくり。

その役によって全然雰囲気が違うんですけど。2人が同じ女優さんと知り、本当に驚きました!

13才から子役として活躍してきたチョンジソさんですが、映画「パラサイト半地下の家族」以前は、本名のヒョンスンミンで仕事をしていました。

この頃は仕事があまりなく、アルバイトをしたり高校生時代も普通に大学入試準備をしていたそうです。

「パラサイト」の撮影の頃、本名から芸名の”チョンギソ”に変えたところ、映画が大ヒット!

名前を変えたことがターニングポイントになったと話しているようです。

いくつものことに集中するのは得意ではないらしく、せっかく合格した大学でしたが、女優業に専念するため中退しています。

その辺の思いきりがすごいですね。普通は役者の仕事をしながら、卒業という形が取れればそれでいいからという人もいると思います。

そこをチョンジソさんは、はっきりひとつのことに集中したいからもうひとつは手放すと若いのに決断できる潔さがかっこいいですねぇ。


チョンジソはかわいい!

チョンジソさんは、映画「パラサイト 半地下の家族」でお金持ち家族の高校2年生の娘役を演じました。

このダヘがとってもかわいくてかわいくて、大注目となりました。

“チョンジソが可愛すぎる!
チョンジソと友達になるのが夢です”

“映画には興味がなくても、チョンジソさん目当てで映画を見る人もいました!笑”

Twitterにはこんな感想がいっぱい!

チェウシクさん演じる家庭教師のギウとの出会いで孤独感が癒されていく時が、最高にかわいいんですよね。

きれいで輝いててかわいいのは、恋する女性の共通点ですね。

それを身体中で表現していたチョンジソさんです。

映画「パラサイト」の欲望が渦巻いてる人たちの中にあって、ダヘの存在は清涼剤でした。


チョンジソはかわいいだけじゃない。演技も上手!

でもチョンジソさん、かわいいだけではないんです。

https://twitter.com/kkhamchagiya/status/1615115571879903232?s=20

映画「パラサイト」で演じたダヘは、裕福な家族のなかでいつも孤独を感じています。

やんちゃな弟にかかりっきりの両親。ダヘのことはみえてないように感じています。

そんな淋しさや、他の家族との違和感も何気ない態度、表情で表現しているチョンジソさん。

「カーテンコール」でもいくつもの秘密や感情のある役を時に可愛く、時にしっかり者として演じてます。

カンハヌルさんと偽装夫婦役を演じてたのですが、実際の年令はかなり離れてたんですね。

でもしっかり者の役だったから、そんな年齢差を全く感じませんでした。

最初はパッとしなかったけど、だんだん重要なポジションになり、自然とチョンジソさんに目がいくようになったんですよね。

「この子なに?」と気になってたところでした。惹かれた理由がわかりました。納得です。

「ザ・グローリー」では、最初はただ加害者たちを恐れていた影のような弱い存在でした。

画像:Netflix

心、体、魂まで傷つけた5人に人生を賭けて復讐すると覚悟を決めてからの存在感の変化は見事だったと思います。

痛々しさ、絶望感、孤独感から怒り、復讐心、何が何でも生きてやるという強い想いを感じさせる素晴らしい演技だったと思います。

加害者の中心人物パクヨンジンを演じたシンイェウンさんの意地の悪さ、狂気を感じさせる演技も凄かったと思います。

2人の高校生時代の演技があったから、大人になってからのムンドンウンとパクヨンジンの死闘?がより引き立ったのだと思います。


チョンジソはかわいいだけじゃない。歌も上手!

とても透き通った声でしっかりした音程。歌手と言っても充分通るうまさです。

ドラマ「イミテーション」でOSTに参加し、ポップバラードを歌いました。

踊って歌うのが好きだと言っていたチョンジソさん。

バラエティー番組で結成されたプロジェクトガールズグループのWSG WANNABE(WSGワナビー)のメンバーとしても活躍。

2022年には、「눈을 감으면(目を閉じれば)」という曲をリリースし、歌手デビューしました!素晴らしい!

ソロで舞台に立っていた時もあって、その時は金髪になってて可愛いアイドルみたいでした~ちょっとビックリ!「ザ・グローリー」ドンウンと同一人物とはとても思えません。

「ザ・グローリー」の時は少し体重増やしてた?って思うくらい体型も違っててまたびっくりしました。


チョンジソはフィギュアスケートで優勝経験あり!

チョンジソさん、6才から13才までフィギュアスケートの選手として活躍していました。

https://m.post.naver.com/

韓国内のロッテ杯というフィギュアスケートの大会で優勝。実力もあり、有望選手として言われていたそうです。

しかし2012年、周りの勧めもあり女優になることを決心。

同じ2012年ドラマ「メイクイーン」のオーディションを受け合格し、女優の道を歩き始めます。

どういった経緯で周りが女優になることを勧めたのかはわからないですが、少しもったいない気がしました。

でも考えてみるとそういう考えもありかも。

芸能界も大変な世界ですが、確かにフィギュアスケートの世界で上り詰めようとするのはもっと大変かもしれません。

どちらにしても、チョンジソさんはすごい努力家ということですね。2つのジャンルで結果を出しているんですもの!


チョンジソの出演作品

主な出演ドラマ

2012年:メイクイーン(チャンイヌァ役)
2012年:愛してみたい(チェソンジョン役)
2013年:夢見るサムセン(ソクサムセン役)
2013年:剣と花(チョイ役)
2013年:兄さんと醜いアヒル(ウンス役)
2013年:奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~(キヤン/奇皇后/スンニャン役)
2014年:私の人生の春の日(カンプルン役)
2015年:ジキルとハイドに恋した私~Hyde Jekyll, Me~(チャンハナ役)
2015年:華政(ウンソル役)
2016年:W-君と僕の世界-(オヨンジュ役)
2020年:謗法~運命を変える方法~(ペクソジン役)
2021年:イミテーション(イマハ役)
2021年:ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた(少女神役)
2021年:地獄が呼んでいる(天使役)
2022年:カーテンコール(ソユンヒ役)
2022年:ザ・グローリー ~輝かしき復讐~(ムンドンウン役)

まだ23才なのに、こんなにたくさんのドラマに出ているなんて驚きです!

デビュー作の「メイクイーン」の演技でいきなり高評価を受け、天才子役と呼ばれたそうです。

ホントに何者ですか?チョンジソさん!自分を表現する天性の力があるんでしょうか?

フィギュアスケートと演技という全く違う方法で自分を表現してるんですもの。

「謗法~運命を変える方法~」では、髪の毛をバッサリ切り、ベリーショートに変身!

それまではかわいい、清楚というイメージが強かったため、ボーイッシュなチョンジソさんも素敵!と大好評に。女性ファンが一気に増えたそうです。

主な出演映画

2014年:ドーター(サニ役)
2015年:隻眼の虎(ソニ役)
2019年:パラサイト 半地下の家族(パクダヘ役)
2021年:謗法:在此矣(ペクソジン役)
2021年:呪呪呪/死者をあやつるもの(ソジン役)
2022年:狎鴎亭(ユリ役)
2022年:聖なる夜:デーモンハンターズ(ウンソ役)

映画も同じく23才とは思えないくらいたくさん出演しています。


チョンジソはかわいい・演技、歌が上手・フィギュアスケートまとめ

若干23才で映画でもドラマでも充分な存在感を発揮し、着々と女優としての地位を固めているチョンジソさん。

フィギュアスケートでも確かな結果を残し、女優としても伸びてきているということは、努力を怠らないことが身についてる人なんじゃないかと思います。

かわいい表情から復讐心に燃える感情を吐き出す役まで、これからどんな風になっていくのかとっても楽しみな女優さんです。

これからも応援していきたいと思います。

「ザ・グローリー」のキャストについて知りたいときはこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました