イジェフン 結婚して家族いる?出演ドラマ・映画が凄い!監督業にも挑戦!似てる俳優は?

韓国ドラマ
出典元:news1

ドラマ「模範タクシー」シリーズが大好評のイジェフンさん。

遅咲きの俳優さんで、2011年映画「Bleak Night」「高地戦」で

新人賞など6個もの賞を受けた時は27歳でした。

それから順調にキャリアを積んでいるイジェフンさんの

結婚、彼女、似ている芸能人についてまとめてみました。




イジェフンは結婚してる?家族は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

이제훈(@leejehoon_official)がシェアした投稿

現在39才のイジェフンさんですが、結婚はしていません。

なので家族も両親と姉だけです。結婚していてもいい年令ですよね。

しかも芸能界に入ってから一度も熱愛報道もありません。

こんなに素敵でカッコいいのになぜでしょう?不思議です。

芸能界に入るまでの20代半ばまでは絶えず恋愛していたとか。

バラエティー番組で自身の恋愛の一部を話してくれています。

「初恋は高2の時に初々しくて美しい愛を、大学2年の時に心痛い愛をした」

2016年のインタビューでは「彼女いない歴6年」だとも。

ということはデビュー直後は彼女がいたということですね。

ファーストキスは高2の時の彼女で公園のベンチだったことまで(笑)

正直な人ですね、イジェフンさん。

彼女いない歴が長かったのは

芸能界に入ったのが遅かったため

兵役に行く期限まで時間があまりなく焦りも感じ

仕事に集中しなければならなかったからとイジェフンさんは言っています。

確かに韓国男性は2年間兵役に就かなくてはいけません。

時間はとても限られていたと思います。



イジェフンが結婚しないのは?

出典元:C) COMPANY ON

兵役期限が迫ってきている20代半ばで

デビューしたイジェフンさんにとって

除隊後はもっと演技を磨き

たくさんの作品に出演したいという欲求がとても強かったのでは思います。

多分この10年は仕事以外のことは考えられなかったと思います。

恋愛、結婚は二の次だったのでは。

イジェフンさんは2012年10月~2014年7月まで兵役に就いていました。

2007年にデビューですから、兵役期限まで5年しかなかったわけです。

しかも2007年のデビュー映画「夜は彼らだけの時間」は

韓国芸術総合学校演劇科に入学する前の短編映画です。

大学に行きながら映画やドラマ作品に出ていたわけですね。

そのわずか5年で「Bleak Night」「高地戦」「建築学概論」などで

高評価を受け知名度が上がっていったのです。すごい!!

2年の空白のあとに、より実力をつけ俳優として成功するのは大変なことですし

必死だったのではないでしょうか。

ブレイクし始めたのが20代後半で、兵役に行き30才で除隊です。

ここから思いっきり演技に集中したのでしょう。

映画、ドラマで着実にキャリアを重ねました。

韓国で社会現象を巻き起こした「シグナル」

そして「模範タクシー」シリーズが大ヒットし

イジェフンさんの人気を不動のものにしていますね。

主演俳優としての地位が確固たるものになってきてると思うので

これからは少し気持ちの余裕が出るといいですね。

イジェフンさんの好きなタイプはよくしゃべり

映画や音楽好きの趣味が合う女性だそうです。



イジェフンの出演ドラマ・映画

出演ドラマや映画がたくさんあるイジェフンさん。

【出演ドラマ】

  • 『三姉妹』 (SBS/2010年) キムウングク役
  • 『ファッション王』 (SBS/2012年) チョンジェヒョク役
  • 『秘密の扉』 (SBS/2014年) イソン(思悼世子)役
  • 『シグナル』 (tvN/2016年) パクヘヨン役
  • 『明日、キミと』 (tvN/2017年) ユソジュン役
  • 『輝く星のターミナル』 (SBS/2018年) イスヨン役
  • 『ストーブリーグ』(SBS/2020年)イジェフン役
  • 『Move To Heaven:私は遺品整理士です』 (Netflix配信/2020年)
  • 『模範タクシー』(2021年)
  • 『模範タクシー2』(2023年)

【出演映画】(一部抜粋)

  • 『夜は彼らだけの時間』 (2007年) デビュー作
  • 『略奪者たち』 (2008年)
  • 『耳(Ghost)』 (2010年)
  • 『キム・ジョンウク探し』 (2010年)
  • 『Bleak Night 番人』 (2011年)
  • 『高地戦』(2011年)
  • 『建築学概論』 (2012年)
  • 『狩りの時間』(2020年)
  • 『盗掘』(2020年)

2007年『夜はで彼らだけの時間』でデビューしたイジェフンさん。

インディーズ映画などに出演していましたが

なかなか名前を知られませんでした。

2011年の映画『Bleak Night 番人』で初の長編映画に出演。

この演技が高評価を得て、韓国の主要な新人賞をいくつも受賞し、一気に知名度を上げました。

27~28歳の時に、高校生役を演じたそうです。

最初は高校生に見えるだろうかと心配したそうです。

監督の気配りがあり、他の成人の共演者たちと時間を共有していくうちに

自然な高校生3人組に見えるようになったと言っています。

この映画はインディーズ映画だったので、予算も少なかったのでしょうね。

寒い中でおにぎりやカップラーメンを食べながら、俳優スタッフが苦労して作った作品だったそう。

だからこの映画が評価されたことが本当に嬉しかったそうです。

苦労が報われた感があったでしょうから、嬉しさ倍増ですよね。

2012年には第84回アカデミー賞外国語映画賞の韓国代表作に選出された大作高地戦に出演。

戦争の不条理に翻弄される南北兵士たちの

無念と戦場の狂気をリアルに演じたジェフンの演技は

高評価を得て、数々の新人賞を獲得。

この映画でも実力を発揮し、高評価を得たイジェフンさんは

翌年ドラマ『ファッション王』の主演を獲得します。

そのあとも『建築学概論』『シグナル』と話題作に出演し、人気を確実なものとしていきます。

『シグナル』は日本でもリメイクされ大ヒットしました。

そして今『模範タクシー』シリーズが大ヒットしているイジェフンさん。

「正義が失われた社会、電話一本でOK」

ベールに包まれたタクシー会社のムジゲ運輸とタクシー運転手が

被害者の代わりに復讐を完成させる私的な復讐代行劇。

イジェフンさんが演じたのは元陸軍士官学校特殊部隊将校で

被害者の代わりに法で裁けない悪に復讐するタクシー運転手・キムドキです。

イジェフンさんは、キムドキ役が“

人生キャラクター(=人生の中で1番の役)”であり

思い入れのある作品だと語っています。

そんな熱い想いを持って演じているからドラマは1,2とも大ヒットしたのですね。

『模範タクシー2』の放送が終わったばかりですが

早くも『模範タクシー3』制作が決まったそうです。素晴らしいです!



イジェフンが監督業に挑戦!

映画大好きのイジェフンさん。

役者になっていなかったらとしても

映画にかかわる仕事をしていたとインタビューで語っているほどです。

そんなイジェフンさんは、2021年に制作会社「HARDCUT」と

韓国作品に力を入れる配信チャンネル「WATCHA」の企画による

短編4作品のオムニバス映画『UNFRAMED/アンフレームド』で

初めて監督業に挑戦しました。

本プロジェクトは

韓国の人気俳優パク・ジョンミン(『空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜』『地獄が呼んでいる』)

ソン・ソック(『マザー』『最高の離婚』)

チェ・ヒソ(『金子文子と朴烈』『アジアの天使』)

イ・ジェフン(『BLEAK NIGHT 番人』『シグナル』)

の4人が初めて脚本と監督に挑む。

短編とはいえ、脚本から監督まで大変な作業だったと思います。

ソンソックさんも参加されたんですね。

イジェフンさんが脚本・監督を務めたのは「ブルーハピネス」。

イケメン俳優チョンヘインさんを主人公に迎えています。

監督作『ブルーハピネス』の撮影時に、主演のチョン・ヘインと

恋人と結婚したい真面目なアルバイト青年が

一攫千金を夢見て人生の全てを注ぎ込んだのは

絶対に手を出してはいけない危険な「株取引」の世界。

実はこのプロジェクトの制作会社「HARDCUT」は

イジェフンさんが立ち上げたそうです。

イジェフンさんは俳優の枠に収まるだけでなく

その先に大きな夢を持っているのですね。

2021年6月に個人事務所COMPANY ONも設立しました。

映画大好き少年の夢はどんどん大きく広がっていくようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

이제훈(@leejehoon_official)がシェアした投稿

映画撮影とは関係ない画像ですが

制作側のイジェフンさんもかっこいいなぁと載せちゃいました(笑)



イジェフンに似ているのは誰?

イジェフンさんはキムスヒョンさんと似ているとよく言われているようです。

(画像URL:http://entertain.naver.com/)

チュジフンさんも似ているといわれているようですが

私の中では断トツ!オムテウンさんと似ていると思います。

写真提供=ロッテエンターテインメント

2011年「建築学概論」で

オムテウンさんの大学生役をイジェフンさんが演じています。

この画像のイジェフンさんより下のプロフィール写真の方が似てる気がしますね。

二人の俳優さんが若い頃、子供の頃と現在を演じる時って

あまり似てないですよね。

キャスティングはまず演技力だと思うので。

似てないことがほとんどだと思います。

でもオムテウンさんとイジェフンさんは

時間がたつとこんな風に変わるんだと自然に思えるくらい

似てたと思いながら、映画を観ていた覚えがあります。



イジェフンのプロフィール

出典元:(C) COMPANY ON

  • 名前(本名):イジェフン이제훈
  • 生年月日:1984年7月4日
  • 身長:176cm
  • 血液型:B
  • 出身地:ソウル特別市
  • 学歴:韓国芸術総合学校(演劇学科)
  • 家族構成:両親、姉

子供の頃から映画が大好きで

将来は演劇映画科に進みたいと思っていたイジェフンさん。

ご両親に反対され高麗大学生命情報工学科に入学します。

なんだか難しそうな学科ですね。

生命情報ってDNAやゲノムなどでしょうか?

全くわかりませんが、イジェフンさんが頭のいい方なんだろうなというのは感じます。

高麗大学は、韓国ではトップクラスの私立大学なんだそうです。

早稲田大学、慶応大学クラスらしいです。お顔を見ても賢そうですもの。

大学に入っても自分が本当にやりたいことは?と考え

やはり演技の道に進むことを決意。

2004年から大学を休学し

アルバイトをしながら

演技学院に通い短編映画や舞台で活動を始めます。

2008年24才で韓国芸術総合学校演劇科に編入。

同級生は皆年下で最年長だったそうです。

穏やかで優しそうな雰囲気のイジェフンさんですが

一度決意するとやり遂げる強い意志の人のようです。



イジェフンの結婚・彼女・似ているのは誰?まとめ

遅めのデビューにも関わらず、短期間で実力を発揮し

除隊後も精力的に活動しているイジェフンさん。

デビューからずっと仕事に集中しているからか

結婚していませんし、彼女の噂も全くありません。

イジェフンさんの集中力はすごいと思います。

私の好きなオムテウンさんと似ていることも嬉しいですし

これからますます活躍されると確信しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました