チョンドヨン 結婚した夫はカン・シギュ!結婚観がリアル!子供は?ドラマ・映画絶好調!!

韓国ドラマ

(画像提供:wowkorea)

Netflixで配信中「イルタスキャンダル~恋は特訓コースで~」に出演している女優チョンドヨンさん。

チョンギョンホさん相手のラブコメが大好評で、最新話が放送されるたびにNetflixのTV番組TOP10で1位となっています。

チョンドヨンさん、いくつに見えますか?1973年生まれ今年50才です!見えませんよね。年令を知ってびっくりです!!

若々しくてエネルギッシュなイメージのチョンドヨンさんです。

そんなチョンドヨンさんは結婚してる?子供は?出演作品は?気になることをまとめてみました。

(出典元:Netflix)




チョンドヨンの結婚した夫はカンシギュ!

チョンドヨンさんは、9歳年上のカンシギュさんと2007年3月に結婚しました。34才の時ですね。

カンシギュさんは実業家で投資会社を経営しています。とてもお金持ちのようですね。

カンシギュさんはソウル大学の電気工学科を卒業し、ジョージワシントン大学のMBA課程を修了したとのこと。

政府傘下機関である経済研究所の研究員として務めていた秀才なんだそうです。

投資会社の他、インターナショナル幼稚園を含めた3~4のビジネスを展開したり、映画の投資もしたりしているようですね。

レーシングチームの理事もしているそうですよ。いろんな事業をしてらっしゃる方なんですね。

2人は2006年に、知人の紹介で出会いました。

最初チョンドヨンさんは、カンシギュさんが9才も年上であることから結婚にはあまり気乗りしていなかったそうです。

でも話すたびに惹かれていったと話しています。大人の落ち着きとか知性とかに惹かれていったんでしょうか。

当時すでに大スターチョンドヨンさんです。そんな大女優さんの心を射止めるには、確かに心の広さを持つ大人の男性が夫にふさわしいでしょうね。


チョンドヨンの結婚の決め手はこれ?

2人は出会って3ヶ月で結婚を決めて、4ヶ月目に結婚式をあげるという超スピード婚でした。

なんで?

それはカンシギュさんの年令が関係していたようです。ご両親が早く結婚してほしいと望んだそう。

私は大女優がよくそんな理由で結婚を承諾したなぁと、正直思っちゃいました。

チョンドヨンさんも同じようなことを思ったのではないかと思うのですが。

なにか結婚を決めた理由きっかけがあったのでしょうか?

なんでも大喧嘩をした翌日、チョンドヨンさんはソウルから300㎞離れた場所で映画の撮影をしていました。

なんと!そこへカンシギュさんが花束を持って現れたのです!チョンドヨンさんをなだめるために。

こんなことされて感激しない女性はいませんよね!チョンドヨンさんもそうだったのでしょう。

このエピソードのあと、2人は結婚を発表しました。

自分のためにここまでしてくれるの?言葉だけでなく行動で示してくれる。

女性にとっては一番うれしいことではないでしょうか。決めたら即行動!さすが実業家は違います(笑)


チョンドヨンの結婚感

結婚後、インタビューで何度か同じことを話しています。

「幼いころは、愛が人生の全てだと思っていた。愛がなければ死ぬというくらいだった。

結婚して、子どもを生み育てて、結婚というものは愛だけではないと感じた。

重要なのは信頼。自分たちが暮らすこの枠組みを壊さない範囲で、互いを信じること、そうやって暮らすのが結婚。そうやって生きている」

リアルですねぇ(苦笑)

これをズバッと言えるチョンドヨンさん。かっこよすぎです!


チョンドヨンは結婚後に子供は?

チョンドヨンさんには2009年に生まれた娘がいます。現在は13才くらいですね。額と鼻がチョンドヨンさんに似ているそうです。

「イルタスキャンダル」でも言われていましたが、そんな大きな娘がいるように見えませんよね。

毎朝5時半に起きて、子どもの朝ごはんと登校の準備をしているそうです。なんだか信じられないですね。

娘さんの画像などは公開されていませんが、チョンドヨンさんは「娘とは、友達のような関係でいたい」と2015年のインタビューで答えていました。

子育てに悩むのは、私たちも女優さんも同じようです。チョンドヨンさんも「いいお母さんの基準がわからない」と話していた時期がありました。

一般家庭でもいろいろあります。母親が有名な女優となると、ますます難しいこともあるのではと思ってしまう私です。

思春期を迎えた娘さんとはどのように接しているのでしょうね。

夢多い年頃の娘さんに対して

「もし俳優をやると言ったら、やめさせたくなるだろう。ほかの仕事を持つといいと思う」

とインタビューで答えていました。

可愛い子供にはさせたくないというくらい、やはり女優というお仕事は大変だということでしょうか。

女優として頑張っているチョンドヨンさんを見て、いい刺激となってくれるといいですね。

チョンドヨンのコメディエンヌぶりが光る「イルタスキャンダル」

(画像提供:Netflix)

チョンドヨンさんのコメディエンヌぶりがいいですねぇ。はじけてますねぇ!

私はチョンドヨンさんがこれほどロマコメにフィットするとは思っていませんでした。

それでキャスティングされた時、意外だったのでめちゃびっくり。

「えっ!チョンドヨンさんがロマコメ?」

固くて真面目な役のイメージが強かったので、コメディエンヌってどうなんだろうと正直思ったんですよね。

でもさすが大女優。思いっきりやってくれてます。

50才であんなに全力疾走できます?(笑)

めちゃめちゃテンポのいいセリフや展開が今までのチョンドヨンさんのイメージを覆してます。

チョンギョンホさんとのコンビがまたいいですねぇ。

チョンギョンホさんも「賢い医師生活」や「刑務所のルールブック」など、ノリのいい役は今までなかったですよね。

今回はここまでやってくれるんだ?ってくらいやってくれてて、とっても嬉しいです!

撮影後、チョンドヨンさんは感極まって号泣したそうです。

今までこんなに明るくて弾けた役がなくて、ずっとこんな役がやりたかったそうなんです。

なかなかオファーがなくて…演じててチョンドヨンさんとっても楽しかったのでしょうね!

2人とも今までと違うキャラクターなのでなにをやってもとても新鮮に感じます。

笑わせてくれてありがとう!感謝してますよ。


チョンドヨンのアクションが光る映画「キルボクスン」

(画像提供:wowkorea)

3月31日にNetflixで公開されたチョンドヨンさん主演の「キルボクスン」が、公開からわずか3日でNetflixグローバルトップ10の映画(非英語)部門で1位になりました。

凄いですねぇ!「イルタスキャンダル~恋は特訓コースで~」が好評だった影響もあったと思いますが、チョンドヨンさんのアクションが大注目されたからではないでしょうか。

殺し屋でありシングルマザーという役でこの両極のシチュエーションを繊細に演じ、50才間近であのアクションとは信じられません!

さすが!チョンドヨンさんです!!

 

 

チョンドヨンのプロフィール

 

名前:チョンドヨン(전도연)

生年月日:1973年2月11日生まれ:

出身地:ソウル市出身

身長:163.5㎝

体重:42㎏

血液型:O型

主な出演作品: 星に願いを  星を射る  プラハの恋人  ユア・マイ・サンシャイン  シークレット・サンシャイン  ハウスメイド  カウントダウン  人間失格  非常宣言  イルタ・スキャンダル ~恋は特訓コースで~

チョンドヨンさん身長が163㎝なんですね。思ったより大きくてびっくり。もう少し小柄に見えていましたねぇ。

血液型O型はめちゃめちゃしっくりきます。おおらかだけど頑固な感じ?しますねぇ。

女優として数多くの賞を受けているチョンドヨンさんですが、学校で演技を学んだわけではないのです。

びっくりですよね!これにはさすがに驚きました。天性のものってことでしょうか。

高校3年生の時、ティーンズ雑誌に応募した景品を雑誌社に取りに行き、その時に雑誌社の人の目についたそうです。

こんなことあるんですね。チョンドヨンさんはこの頃から”持ってる”女だったのですね。

そして1990年ジョンソンエンドジョンソンのベイビーローションの広告モデルとしてデビューします。

チョン・ドヨンさんのドラマデビューは1992年放送の「私たちの天国」。このドラマは1990年から1994年まで放送された大人気の青春ドラマでした。

本格的に女優として認められたきっかけは1997公開された映画「接続」。この時から映画界で脚光を浴びるようになりました。

その後2005年頃までドラマでも活躍。たくさんのドラマに出演していました。

そしてチョンドヨンさんの名前を不動のものとしたのが、2007年公開の映画「シークレット・サンシャイン」です。

この映画でカンヌ国際映画祭の女優主演賞を受賞しました。

これはアジアの女優としては2番目の快挙でした。この受賞以降、チョン・ドヨンさんは“カンヌの女王”と呼ばれるように。

凄いですね、チョンドヨンさん。この映画でソンガンホさんと共演しています。

あのソンガンホさんの演技がかすんでしまうほど、チョンドヨンさんの演技が上手すぎたという感想もありました。

さすが女王ですね、チョンドヨンさん。


チョンドヨンの結婚・子供・イルタスキャンダルまとめ

チョンドヨンさんは実業家と結婚し、可愛い娘さんがいることがわかりました。

「イルタスキャンダル」では、明るく前向きなキャラクターで見ているだけで元気になってきます。

よぉし!明日も頑張るぞぉ!

シリアスな役からコメディエンヌまで幅広い演技で楽しませてくれるチョンドヨンさんは、素晴らしい女優さんです。

チョンドヨンさん、これからますます活躍されることでしょう。

新しいチョンドヨンさんに期待したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「イルタスキャンダル」の感想、残念なところについてはこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました